ミニがま口/みけ/京東都

歌川国芳の「猫飼好五十三疋」モチーフのミニがま口

「猫飼好五十三疋」(みょうかいこうごじゅうさんびき)は、
東海道五十三次に登場する宿場町を、だじゃれで猫のしぐさにたとえた戯画。
江戸時代の浮世絵師歌川国芳の作品です。

-------------------------------------
●京東都●
ニッポン、京都発、東京経由〜世界行き。
「京東都(きょうとうと)」は、ニッポンの伝統=「京都」とニッポンの今 =「東京」を掛け合わせたブランドネーム。 京都の刺繍工房が、新しい文化継承のかたち・刺繍の可能性を考える「京都発、東京経由〜世界行き。」の、刺繍ブランドです。

-------------------------------------

・サイズ
 9.5cm×8.5cm 口径7.5cm
・素材
 綿80%、ポリエステル20%   刺繍糸:レーヨン100%
・生産国
 日本製
・発送方法
 【クリックポストOK】
・備考
 ※濃色製品は使用中の摩擦により色移りすることがあります。
  特に、雨や汗等で濡れた状態で使用すると色移りすることがありますのでご注意ください。
 ※お使いのモニターによって実際の作品と若干色味が異なる場合がございます。
  ご理解いただいた上でのご購入をお願いいたします。
販売価格
1,404円(税104円)
購入数